×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


【基本スペック】
低確率:1/399.25
高確率:
1/39.93
小当り確率:
1/319
賞球数:
3&4&6&14
確変突入率:
80%(2R含)

【大当りの内訳】
15R確変:45%
ランクアップ16開放:19%
ランクアップ32開放:3%

ランクアップ48開放:3%
2R確変:10%
2R通常:20%


【実質出玉】
下段アタッカー:1600個
上段アタッカー16開放:550個
上段アタッカー32開放:1100個
上段アタッカー48開放:1650個

【時短機能】
電サポ中に2R当選後100回
【ボーダーライン】
4.0円ボーダー:19回
3.5円ボーダー:21回
3.0円ボーダー:23回
2.5円ボーダー:25回
小当たりとは何か?
本確率とは関係なく1/319で抽選されている。
傾奇ゾーンに突入するのが合図となっており、2Rの可能性があると思わせておいて
全くそうではないというガセ演出である。つまり恩恵も何もないので無視して結構。
演出突入時は2Rランプを見て判断する必要があり、またホールによっては小当りを
当りとしてカウントするホールもあるので、2R当選と勘違いしないためにも、
2Rランプの確認、および花ランプを確認をするべきである。
2R確変とは何か?
通常時に2R確変を引くと傾奇ゾーンに突入し、内部的に確率変動になっている。
しかし電サポがつかない潜伏状態になり。演出もほぼ変わらないので、見た目では
まるで分からなず、うっかりヤメてハイエナされることもあるので、傾奇ゾーンに突入
した場合は、花ランプを確認してもらいたい。
2R通常とは何か?
通称「突通」と呼ばれるもので、突然通常の意味。
通常時にこれを引いてしまうと、出玉どころか時短もつかないので、
アタッカーがパカパカして終了になってしまう。2R通常は本確率
に当選した証しなので、本来は出玉が貰えるはずなのが、出玉は
ないことになるので、思いっきり当りを損したことになる。
ただし、電サポ中に引いた場合、つまり確変中(戦モード)と時短中
(殿モード)に引いた場合は時短はつく。
その他情報
■ 出玉ありは全て確変なので、1〜7図柄が全て確変図柄
■ 2Rを抜いた実質確率は、約1/500なので、かなり辛いスペックである
■ 本機種は突通搭載のため、通常に2R通常を引くと時短がつかない
■ 小当りは本当選したわけではないので、別に損してはいない
■ 通常時の突確は電サポがつかないので、花ランプを確認する必要がある


トップへ戻る